柿コンテンツ 矢印

こだわり農法

柿イラスト

安全で美味しい柿作りのために、有機農業の考えを取り入れています!

フカフカの柿畑

有機肥料で、フカフカの土づくり!

同じ産地、品種でも農園ごとに作り方は違います。
後藤柿農園では堆肥や稲わら、有機石灰、緑肥など
有機質肥料を利用し、フカフカの土づくりをしています。

これまでは化学肥料を中心にした農法が主流でした。しかし、化学肥料ばかり与えると、土壌は硬く締まり、微生物もどんどん減っていきます。しかし土壌こそが植物の土台です。当農園では5年以上前から有機農業の考え方を取り入れ、理想の土づくりを追及しています。値段は高くても、美味しい柿だと自信を持っています。

土は有機物を投入することで生態系が戻ってきます。生物多様性に富む土壌は柔らかくフカフカ、肥料分をよく蓄えてくれます。また、科学的な視点からミネラル分の補給や、肥料の過不足をなくすようにしています。柿だけでなく、土も知る。ゴールはありませんが、より美味しく安全な柿作りへのこだわりです。

堆肥の投入 有機石灰の施肥とモグラの穴

馬糞もみ殻堆肥です。堆肥は肥料としてだけでなく、微生物の栄養にもなります。微生物が増えると土がとても柔らかくなります。笠松競馬場の競走馬の馬糞堆肥を使っているので安全です。

有機石灰でミネラル分の補給をします。実は、有機農業では成分の過不足がよく発生します。そのため、科学的な裏付けが大切です。白い粉が有機石灰、膨らんでいるのはモグラの穴です。

緑肥のヘアリーベッチ 早生栽培

緑肥のヘアリーベッチです。春には1メートル近くに成長しますが、6月には自然に枯れて分解され、追肥になります。また、雑草の発生を抑え、根が土を柔らかくする効果もあります。

除草剤を使わず、草を生やす早生栽培です。草の根が土を柔らかくし、長くなったら草刈りをします。刈られた草は微生物の餌となり、さらに土が柔らかくなります。

(注)有機農業の考えを取り入れていますが、有機農業ではありません。特に果樹は非常に病害虫が発生しやすいため、防除を行わないと大半の果実が被害を受けます。無農薬での栽培方法はまだ確立されていません。使用する農薬は「ぎふクリーン農業」に準じたもので、従来より減農薬に取り組んでいます。除草剤は一切使用していません。

ちょっと専門的な土づくりの話

作物の生育に適した土壌をつくるのは、実に数年越しの作業となります。ところで、そもそも「よい土壌とはどんな土なのか?」と疑問を持たれると思います。よい土壌とは「物理性」、「化学性」、「生物性」に富んだ土のことであり、具体的には次の要素を持った土壌です。

  • フカフカで通気性がよい
  • 保水性と排水性がよい
  • 保肥性が高い
  • 様々な微生物が棲んでいる
フカフカで通気性がよい

「フカフカで通気性がよい」というのは、根が呼吸しやすく、伸びやすいということです。実は、柿に限らず植物も呼吸をしています。そして、地中深く張られた根も呼吸をしているのです。硬く締まった土だと、空気があまり入らないので呼吸ができず、根を伸ばすのも大変です。柔らかいフカフカな土は呼吸しやすく根も伸ばしやすくなり、足元から柿を丈夫にします。

保水性と排水性がよい

「保水性と排水性がよい」ですが、これは矛盾していますよね? しかし、それが可能なのです。この相反する性質を持つ土の構造を、団粒構造といいます。団粒構造とは大小の土の塊(団粒)が集まった構造です。その塊の間には隙間があります。団粒がスポンジのように保水性を持ちつつ、隙間を水や空気が流れるので排水性も高いのです。この団粒構造は微生物や昆虫によってつくられます。

保肥性が高い

「保肥性が高い」というのは、肥料を受け止める力が大きいということです。肥料は土壌中だとイオンとして存在しますが、保持できるイオンの量は土壌の性質によって決まっています。しかし、そのイオンを持つ手を増やすことができるのです。それは有機物によってできた腐食の働きです。有機物の分解過程である腐食が多い土は、肥料分もたくさん持つことができるのです。

様々な微生物が棲んでいる

「様々な微生物が棲んでいる」というのは、有機農業の根幹です。畑には柿が何十年と植えられていますが、化学肥料ばかり与えていると土の生態系が壊れ、土も固くなります。ここに堆肥などの有機物を投入すると微生物が繁殖し、その微生物を食べる昆虫が戻ってきます。微生物や昆虫が土を柔らかくし、団粒構造を作り、有機物を分解し、最終的には糞や死骸も栄養となる循環が生まれます。この生物多様性により、よい土壌ができて美味しい柿が成長するわけですね。

有機肥料を使うからこそ、科学的に

みなさん有機農業の野菜を食べたことはありますか? 有機野菜は安全で美味しいというイメージが強いと思いますが、それは必ずしも正しいわけではありません。上手な農家さんの有機野菜はとても美味しいですが、そうではないものも意外にあります。

その原因は科学的な知識ではないかと思います。特に肥料の過不足です。「有機ならすべての肥料分が含まれている」と勘違いして、過剰に肥料を与えすぎたり、逆にミネラルなどが不足していることも多いです。有機肥料にも何がどれだけ含まれているかを知らなければいけません。また、与える状態によっては悪い微生物が繁殖することもあります。肥効が遅いので徒長したり生育が上手くいかないこともあります。

これらの障害を避けるため、できるだけ科学的根拠に基づいて有機農業の考えを取り入れています。もちろん、絶対はないので勉強と研究が欠かせません。

農業技術の向上

剪定、摘蕾、摘果など、すべての作業を自分たちでやっています

柿の収益性の低さや、高齢化、兼業農家の増加に伴い、畑の作業を外注する農家も増えています。農家にもそれぞれの事情があるので仕方がない面もありますが、当農園ではすべての作業を自前で行っています。

農業技術の研究

当農園は富有柿の栽培で全国的に有名な産地である岐阜県本巣市、糸貫地域にあります。長年にわたり富有柿を栽培しています。この地域で進化してきた農法に加え、数年前より独自により安全で美味しくつくるための農法を研究しています。もちろん失敗もありますし、「最高」はありません。謙虚な姿勢で学び、新しいことに挑戦するをモットーにしています。

トップページに戻る

送料 500円!!
(北海道、沖縄は800円)

同一送付先に4段の商品までの場合です。詳しくはこちらから

 
多様な決済に対応!

銀行振込、代引き、産直通販では珍しいカード決済にも対応しています! 詳しくはこちらから

農園の紹介

後藤柿農園

でらうま柿農園 富有柿.comを運営する後藤柿農園は、富有柿発祥の地からほど近い岐阜県本巣市(旧糸貫町)にあります。全国的にも有名な富有柿のブランド産地で、当農園はかれこれ80年ほど柿を栽培しています。

柿作りに「最高」はありません。お客様の喜ぶ顔を糧に、常に「より美味しい」、「より安全」な柿を作ろうと挑戦し続けています。

農園ブログはこちらから

メールはこちらから